カテゴリ:酒造りの様子( 102 )

ついに、やって来ました!!

2月にスタートしたイタリア米での酒造り。
ついにこの日がやって来ました。


d0151154_1113979.jpg



こんなにカメラに囲まれることは、
もうないな。

それにしても、段々カメラ慣れして来ているのびちゃん
初々しさがなくなって、ちょっとがっかりしている。。。

いや、そんなことではなくてっ


通常業務にねじ込んだイタリア米での酒造り。
有難いことに、【わかむすめ】のご注文も沢山頂き、
とにかくもう神経が張りつめたまま突っ走った2か月。

いつも青白い顔してるのび夫だけど、
栄養が行き渡ってない顔してる。

本当にご苦労様でした。

と、せめて嫁くらい優しい言葉をかけてやろう。
そう思っていましたが、

日々嵐のように過ぎ去って行った2か月。
昨日は力が抜けて、自分がバッタリ倒れる。


もう夕飯作れん。
あとはよろしく。



       オーーーイ(TДT|||)目を開けてくれ


今回、この酒造りへチャレンジしたことで、
いろいろな課題が見つかりました。

まだまだやるべきことが山積みです。

気持ちを新たに、
とにっっっっっかく、
何度でも飲みたいと思って頂ける【わかむすめ】を
力の限り醸して行きたいと思った日でした。


この取り組みへのチャンスを与えて下さった、
日本酒アカデミー代表・白根氏、上杉氏をはじめ、
今日までご支援下さった多くの方々に感謝申し上げます。


↓↓↓夕飯も作らず爆睡したら、スッキリ「ぽち」↓↓↓
にほんブログ村 酒ブログへ

にほんブログ村 酒ブログ お酒造りへ←よっしゃーーー頑張ろう「ぽち」
[PR]
by wakamusume | 2015-04-19 11:26 | 酒造りの様子

イタリアのウェブページ♪

イタリア米での日本酒造りに挑む、私たちの蔵を
現地の翻訳・通訳・コーディネートMotoko IWASAKIさんが
以下のサイトで紹介して下さいました。

http://www.ilgolosario.it/assaggi-e-news/attualita/sake#.VPlhQQD-58Y.facebook

このイタリア語をグーグルで翻訳すると、
ものすごいおかしな日本語になり、
特に私と、この鬼嫁日記を紹介する箇所が笑えるのです。

『でも文子、彼の快活な妻は、彼は彼ができることはすべてやってするのに役立ちます。
彼女はまた、継続的に動作するように彼を強制的に、夫を奴隷に悪い妻と貪欲になりすまし、
「妻の悪魔の日記」と呼ばれるブログを書き込みます。この日記は、いくつかの成功をしている。』

あまりにも面白すぎ!!

なので日本語バージョンの記事を送って頂きました。
以下貼り付けますので、ご一読頂けると嬉しいです('ω')ノ


Il Vino del Riso

新谷義直さん、46歳、南国山口ののどかな丘陵地域にながら日本酒をたった一人で醸す人。昔ながらの木造の蔵に冷却装置を設置、1年中痺れる冷たさの水で米を荒い、小さな甑で米を蒸し、熱い蒸し米を広げるのも、麹室で米を切り返すのも、櫂入れをするのもたった一人。穏やかな性格で声を荒げることもない、いつも笑みを目じりに浮かべ、淡々と作業に取り組みながらもろみの発酵が進みふつふつと呟くのに耳を傾ける。
そんな新谷さんが、今、山口の海の向こうにイタリアを見つめている。ミラノのエキスポに向けて彼の日本酒が旅立つことになるかもしれない。

彼は蔵元の3代目に生まれた。杜氏が高齢で仕事を続けられなくなったとき、一人でも蔵を続けていくにはどうしたらいいかを考えた。贅沢はいわない、蔵を守りながら家族4人が暮らしていければ良い。だが冬場に一年分を仕込んでおくこことは一人では無理、ならば蔵の温度管理をして年中少しずつ仕込んで売ればいい。一度にたった600リットルを作る。出来るとそれを売る。配達もする。奥さんの文子さんもできることは何でも手伝う。ほとんど世に知られていなかった自分たちの酒をもっと人に知ってもらうと自らを『鬼嫁』と呼び、日本酒作りに寡黙に取り組む夫を傍らで叱咤激励する妻として楽しくブログで日常を紹介し評判を呼んでいる。
新谷酒造の『わかむすめ』は少しずつ人気が出てきている。こうして地域の最後まで残った蔵の甑から米を蒸す湯気が今も立ち上っている。

イタリアでおすしは好きだが日本酒は苦手だとよく言われる。『あの強いお酒は!』と。質の悪い酒を乱暴に温めて出されアルコールの強さに刺されれたのだろう。日本であれこれ美味しいお酒を飲んできた私には、ならこれを飲めと大見得をきってどんとテーブルにおきたいが、その日本酒がない。ロンドンやパリでは日本酒バーも人気を博しているが、イタリアでは関税の問題で良い酒を手軽に買えないからだ。
日本酒はお米で作るワインというべきで、アルコール度数もワインより少し高い程度。日本酒の香味成分は700ほど確認されているという。ウィスキーが400、ワインが600という。日本食にワインを合わせようとするとほとんどの場合、しょうゆの味がワインの前に立ちはだかり合わせられるワインの種類は限られてしまうが、イタリア料理に合わせられる日本酒は多い。味わいもドライから甘口、フルーティーなもの、すっきりとした軽さのものからどっしりとボディーのあるものまでワインの味の広がりに引けを取らない。

日本の食卓では、一品ずつ順番にではなく、作ったものを全て一度にテーブルに並べて食べる。料理の間に飲む酒の味が残っていないほうが良い。そのため『キレ』を求める。日本酒の味を決める要素一つには米の精米度合いがある。米の表面を削り、芯部分のでんぷん質の部分だけを使って酒を造ると純粋な味わいになり『キレ』を生む。中には100時間をかけて35%にまで削り込むものもある。逆に精米度合いが低いと雑味が増して複雑な味わいを作るし、後味も残る。
新谷さんの酒のかすかな後味がたまらない。ふわりと口に入るのにそのうちどんどんと深みが広がる。表面の優しさとは別にしっかりした芯がある。生魚とあわせれば華やかさを添えてくれるし、コクのあるイタリアンの豚肉とあわせても面白い。最近ではそんな日本酒も出てきた。
関税の問題はあっても世界に打って出ようと考える蔵元も出てきている。新谷さんにせよ、自分の自慢の『わかむすめ』を広い世に送り出して反応を知りたいだろう。


↓↓↓やっとイタリア語が解読できた~「ぽち」↓↓↓
にほんブログ村 酒ブログへ

にほんブログ村 酒ブログ お酒造りへ←ちょっとホッとしています( ;∀;)「ぽち」
[PR]
by wakamusume | 2015-04-01 23:15 | 酒造りの様子

現在進行中。

先程TYSさんで放送して頂きました。
イタリア米での酒造りの様子です(-ω-)/

d0151154_18552167.jpg


嫁もちょっぴり映ったよ♪
二重顎が気になる今日この頃。。。


この洗米の取材時、
カメラマンさんたちに、

テレビって大変ですよね~~~~
だってものすごく沢山取材しても、
数秒しか放送されなかったりしますよね~~~(^_-)


と、さりげなく(ホントよ)言ってみました。


そしたらそしたら今日の取材の後、
のび夫
ちょっと長めに放送します
と、言われたそうだよ。

作戦大成功!!

いや、決して怖い顔して言ったわけじゃないのよ~~~
色目使ったわけでもぉ~~~
 
            色目ってあんた・・・(=◇=;)
                        ただの偶然です
             


そして本当にうまく編集されたものが、
ちょっぴり長めに放送されました。

う、嬉しい♪

TYSさんありがとう010.gif
また何かの機会にはお願いします(*'ω'*)

この放送直後、
けっこう取材にも慣れて来て
のび夫にしてはインタビューにうまく答えられており、
久し振りに鬼嫁に褒められたのですが。。。

動揺し、
掃除機につまづき転びそうになったのであります。

↓↓↓褒められても災いがやって来るという「ぽち」↓↓↓
にほんブログ村 酒ブログへ

にほんブログ村 酒ブログ お酒造りへ←鬼嫁の恐怖「ぽち」
                 
[PR]
by wakamusume | 2015-03-05 19:22 | 酒造りの様子

イタリア米の行方。

イタリア米での酒造りに挑戦することを決意し、
眠れぬ夜を数えて1週間。

酒造りの要である麹造り
許容範囲内に無事出来上がり、
明日はいよいよ酒母造りです。

d0151154_21162969.png


人生一度っきりなんだから
失敗なんか恐れずに、
何事にもチャレンジしなさい


と、デカイ顔して子供には言う。


だけど短いようでけっこう長い人生の中、
何度も転びまくって痛手を負いながら、
大人になるといろんな事に臆病になるもんだ。


マッサン、大丈夫、人生はアドベンチャー。
私は大丈夫、マッサンならきっとできる。


マッサンが窮地に陥る度に、
そうやって耳元でそっと励ますエリー。
素晴らしい嫁である。

のび夫が何かする度に・・・
ちょっとぉ!!
お金がなんぼあると思っちょるんじゃ、わりゃぁー。
現実直視せぇよ、わりゃぁー。

と、耳元で言ったら鼓膜が破れちまうような
ボリューミーな声で叫んでいる嫁とは大違いだ。


このイタリア米での酒造りを
引き受けなければ良かったと思うような、
結果が待っているかもしれない。

でも、はじめの一歩を踏み出す勇気があったことは、
証明された。


虎穴に入らずんば虎子を得ず


大きな成果をあげるためには、
思い切って冒険をしなければならない。

↓↓↓人生はアドベンチャー「ぽち」↓↓↓
にほんブログ村 酒ブログへ

にほんブログ村 酒ブログ お酒造りへ←後悔は死んでからしても遅くない「ぽち」
[PR]
by wakamusume | 2015-02-24 21:54 | 酒造りの様子

奇跡のツーショット

いつも重たい蒸米などなど抱えてくれる、
がたいの良さがピカイチなおとうさん。


ついに奇跡の一枚がここに


               二人同時に目を閉じるという快挙
d0151154_22132235.jpg



フェイスブックにアップしたら、
似てるという噂。


複雑な心境の嫁であった。。。(・∀・)


この日は【純米わかむすめ】の留め仕込みでした。
d0151154_22154259.jpg


何やらそれらしく米の蒸しあがりをチェックしているように見えますが・・・
見えるだけ。

本当は

これって普通のご飯なのになぁ~。
炊飯ジャーで炊いたら美味しいのになぁ~。
こんなに硬い米にならないといけないわけよぉ~。

と、思っている図。


この蒸米は飯米のヒノヒカリ。
炊飯ジャーで炊いたものは水分が多くて溶けやすく、
酵母に栄養がいき過ぎて、酵母が元気になりすぎるらしい。
酵母が元気良すぎるとあっという間においしくないお酒ができるとさ。

そして、お酒に使う米には【酒造好適米】というやつがあります。
最高峰と言われているのがあの【山田錦】

通常の食べるお米はコシヒカリなどなど。
ちなみに写真のやつはヒノヒカリ。

どうして【酒造好適米】が良いかというと、
お酒がつくり易いから。
心白(米の中心部分)が細かくひび割れてて
麹菌が入りやすいらしい。
そして粒が大きくて沢山削れるという。
沢山削るといわゆる雑味の少ないきれいな酒になる。

ですが、
食べるお米でも美味しいお酒はつくれます!!

けっこう市場にはそういうお酒が沢山あります。
あ、これ美味しい!!と思ったら、
ちょっとだけその日本酒の裏ラベルを見てみてください。

だいたい使用米が記載されています。

ちょっとおもしろいかも。

↓↓↓あらやだ、女将っぽいブログ「ぽち」↓↓↓
にほんブログ村 酒ブログへ

にほんブログ村 酒ブログ お酒造りへ←ウフっ( *´艸`)「ぽち」
[PR]
by wakamusume | 2015-02-08 22:35 | 酒造りの様子

釣った魚にはホニャララ。

家族みんなが揃って食卓を囲むという、
どこにでもある、
極フツーーーーーーーーな、
家族だんらんの平和なひととき。


ママ、
釣った魚にエサやらんって
どういう意味?



           なにーーーーっっΣ( ̄ロ ̄lll) !?


この、あまりにもかわいい
子供たちの素朴な質問がきっかけで、
我が家の食卓が危機を迎えることとなります。

私の頭から出た殺気を感じ、
ゴマすり上手な息子が一言。


パパぁ~~~、
せめてママにはいいエサ食べさしちゃげ~よ。



                 ドヨォォ─(lll-ω-)─ォォン。
                     いいエサって、何よ?ステーキ?マグロ?



いつも酵母ちゃんやオリゼーくんたちのエサのことで
頭がいっぱいでぇ~~~
と、顔に書いてあったよ、のびちゃん。

ところでオリゼーくんとは麹菌のことです。
せっかくなのでこの麹菌のエサについて書こうと思います。

麹菌とはいわゆるコウジカビのことで、
日本酒を造る時、
この方たちのエサになるのは、もちろん蒸米。

増殖するために菌糸の先端からデンプンやタンパク質などを分解する酵素を出し、
蒸米のデンプンやタンパク質を分解し、
生成するグルコースやアミノ酸を栄養源として増殖します。

自分の思う酒を造る時、
このオリゼーくんたちが
ちょうど良いくらいのエサが食べられるように
エサとなる米の蒸しあがりを調整するのが大切です。

調整には、
その時、その時に使用する米の吸水具合を調べ、
最初の洗米で吸水させる際、
グッドタイミングな時間を算出し、
その算出された吸水時間をピッタリ守ります。

これを限定吸水と、言います。


あーーーーーー難しいっ。
今日はここまで。

↓↓↓エサやりひとつも大変ざます「ぽち」↓↓↓
にほんブログ村 酒ブログへ

にほんブログ村 酒ブログ お酒造りへ←今日はステーキ?明日はマグロ?「ぽち」
[PR]
by wakamusume | 2015-02-01 22:43 | 酒造りの様子

のび夫杜氏、歴史上のお初。


             麹作り&上槽
d0151154_11571777.png


これまで【麹作り】(蒸した米に麹菌をつけて繁殖させる)の一部と、
【上槽】(醪(もろみ)を搾り、酒と酒粕に分ける作業。手作業で酒袋に醪を入れ、槽(ふね)と呼ばれる搾り機で搾る)
の一部の工程が重なる
ということはありましたが、

【麹作り】のスタートと
【上槽】のスタートが重なり、
3日間全て並行して行われるということは、
8年間ののび夫杜氏歴史上、お初でした!!

と、いうことで、
本当にのび夫ちゃんがのびちゃいました。


今回上槽した【わかむすめ薄花桜】の出荷は、
おりが沈むのを待ってから(おり引きによる効果は、単に濁りをとることに留まらず、余分な蛋白質を除去することで、瓶詰後の温度変化や経時変化によって引き起こされる蛋白変性での濁りの予防効果がある)の瓶詰作業になりますので、
もうしばらくお時間頂きたいと思います<(_ _)>


こうしてすっかりのびきったところで、
のび夫杜氏、関東方面から関西方面への出張へ
旅立ちます。

インフルエンザが猛威をふるっている今日この頃、
都会へ行くとあって、のびちゃん恐怖でいっぱい。

マスクを探し回っていたので、
教えてあげた。


こんなこともあろうかと、
マスクは常備してあります(^_-)-☆


                 ジャジャーン
d0151154_11574140.jpg


あ、これ小顔用じゃった。
小顔用。

小顔用----っっ


          なんか言い方に棘を感じるな。
           気のせいかな。。。(;・∀・)


こうしてちょっぴり棘が突き刺さったまま、
お出かけになられました。

行ってらっさーーーーい(-ω-)/


↓↓↓ボクぁ~デカイ面はしてましぇん「ぽち」↓↓↓
にほんブログ村 酒ブログへ

にほんブログ村 酒ブログ お酒造りへ←だけどこのマスクは無理があります「ぽち」
[PR]
by wakamusume | 2015-01-23 12:03 | 酒造りの様子

ダイジェストでお送りしております

え~~~~、事件だらけの毎日ですが、
とにかく先週から今週は目が回りっぱなし

゚.+:。クラ(@O@)クラ゚.+:。

ブログの更新も滞っておりました。

ヾ(_ _*)ハンセイ・・・

・うれしい出来事その1
わかむすめのちゃんの、新しい法被が
ついに ついに ついにできました!!

そして・・・誰よりも真っ先に

               山口市長が着られました056.gif
d0151154_9494375.jpg


今月12日に迫った『湯田温泉酒まつり』のPRです。

・うれしい出来事その2
今月26日に東京有楽町で行われる
Yum!Yum!SOUL SOUP KITCHIN Vol.14 山口県Ver.
の、プロデューサーの方が蔵見学に来られました。

純米 わかむすめ♡をカメラマンさんと共に試飲され、
感激して帰られました。

ヾ( ̄∇ ̄=ノ ワ~イ♪

で、その純米 わかむすめ
全て出荷先が決まり、蔵出しが無くなったので
次の仕込み進行中です。

本日は留め仕込み。
張り切って行きます。
d0151154_1062361.png


・そして我が家の大事件

偶然にも出くわしてしまった里親譲渡会。

何の?

保健所で殺処分予定だった子犬たちの。。。

耳を怪我して、
きっと引き取り手がないであろう子犬の前で、
一歩も動かない娘。

この子を残して帰るなんてヒドイ。
酷過ぎる。
それでも人間か。

と、言わんばかりの目をして私を涙目で見る娘。


(; ̄д ̄)ウウウウ。。。


胸が張り裂けそうな思いでいる娘を見ると、
帰れなくなり。。。

結局、

我が家の一員になることになりました(´ ▽`)へへへ。。。
d0151154_10133114.jpg


・どんなことがあっても、最後まで面倒みること
・自分よりも必ず先に死んでしまうことをわかっておくこと
・蔵には絶対に入れないこと

約束しました。

立派な番犬になれるでしょうか。

と、いうことで
いろいろと賑やかな我が家は、
さらにに賑やかになりました056.gif


( ̄∇ ̄;) ハッハッハッ

↓↓↓やるっきゃないね「ぽち」↓↓↓
にほんブログ村 酒ブログへ

にほんブログ村 酒ブログ お酒造りへ←子犬も子供も会社も大きくなれよっと「「ぽち」
[PR]
by wakamusume | 2014-10-02 10:27 | 酒造りの様子

純米 わかむすめ 再び…

日曜日は運動会でした056.gif

d0151154_21373511.jpg



曇っていてそれほど暑くもなく、
ちょうど良いお天気でしたが…

朝から8人分のお弁当を作り~
一日中外にいると、
やっぱり疲れが(; ̄д ̄)ハァ↓↓

下の子は小学校初の運動会とあって、
じいちゃん&ばあちゃんも張り切って集合。
子供たちもいつもより早起きして、
気合いが入ってました。

だけど最後はみんなヘロヘロになるのが運動会。

よく頑張りました058.gif
チャンチャン。

で、終わりたいところですが~


なんと夕方から洗米!!


そして本日酒母造り。
d0151154_21472612.png



先週搾って、まだ瓶詰めもされていない
『純米 わかむすめ』。

ご予約だけで完売状態になり、
瓶詰作業に焦りつつ、
再び酒造りが開始されました。

あ、よいよい♪ヾ( ̄ー ̄ヾ))))(((((ノ ̄ー ̄)ノよいよい♪

と踊ってる場合じゃなくなったということです。


がんばれ私ぃ(;≧皿≦)。゜°


来月はイベント続きだじょぉ。



↓↓↓あぁあ…カピパラになりたい「ぽち」↓↓↓
にほんブログ村 酒ブログへ

にほんブログ村 酒ブログ お酒造りへ←徳山動物園に来たんだってー「ぽち」
[PR]
by wakamusume | 2014-09-22 21:59 | 酒造りの様子

みなさんごきげんよぅ

連休明けの本日、
みなさんいかがでしたか?

先週は一心不乱の麹造りでした。

そして今日は広島より酒蔵見学御一行様~♪
d0151154_1956202.png


NHKカルチャースクールの、
「アウトドア講座」受講生の方々でした。

みなさんシニア世代

「い~ねぇ、『わかむすめ』って銘柄が、
                    い~ねぇ」



と言うお声が(o´ω`o)
もしやもしや・・・

後の質疑応答タイムで『わかむすめ』の由来のご質問が!!


え~~~実は、この『わかむすめ』は
若い娘ではなくて、『和可娘』です。

のび夫の説明に

えーーーー?奥さんじゃなくて?
奥さん若いのにーーーー?



キタ━━━━(゚∀゚)━━━! !



もっと言ってえぇぇぇえ


これだからシニア世代のお客様大好き♡

本当に真に受けるバカだと言われても、
いいの。

いいのよぉ~~~♪
嬉し過ぎて涙がちょちょ切れちゃう♪♪

お客様に舞い上がり、
この後バスの運転手さんの凄さに盛り上がり、
(あの狭い道を、一度も切り返さずに脱出されました☆彡)
半日はあっという間に過ぎて行きました。

そして後半戦。

純米 わかむすめ 搾りまーーーす!!
d0151154_20153617.png


来週末から発売開始です。
すでに半量以上嫁入り先が決まっております。

ご購入はお・は・や・め・に053.gif


↓↓↓やっぱり蔵が賑やかっていいよね「ぽち」↓↓↓
にほんブログ村 酒ブログへ

にほんブログ村 酒ブログ お酒造りへ←またのお越しを心よりお待ちしています♪「ぽち」
[PR]
by wakamusume | 2014-09-16 20:21 | 酒造りの様子


山奥にある、小さな小さな酒蔵で、日々秘かに繰り広げられている戦い。のび夫こと杜氏である夫と、鬼嫁こと女将である妻の、波乱万丈な日常をリアルに綴った日記です。


by wakamusume

プロフィールを見る
画像一覧

メモ帳

カテゴリ

全体
わかむすめトキメキ
酒造りの様子
商品紹介
醸造体験
催事のお知らせ
仕事について
クッキング
年越し搾り2009
お客さんのこと
夫婦のこと
育児のこと
記事について
町のこと
とりとめもないこと
本の紹介
未分類

以前の記事

2015年 11月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月

最新のトラックバック

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧